株式会社日本アクセス

 

第8次中期経営計画
(2022年4月1日~2025年3月31日)

  • 第8次中期経営計画スローガン
    「構造改⾰2024」

    構造改革2024

    構造改革2024
    ~新たなサービス・価値の創造~

    構造改⾰と事業変⾰による、成⻑に向けた積極的な事業・ITインフラ投資、盤⽯な事業基盤の構築と、新たなサービスと価値を創造、競争優位を確⽴し、共にお客様のニーズや課題解決、本業を通じて社会的課題を解決することで、持続的な成⻑を実現する3カ年として位置付け、断トツの⾷品総合卸企業を⽬指します。

  • 第8次中期経営計画 
    経営基本⽅針

    経営計画
    経営計画
  • 第8次中期経営計画 
    経営基本⽅針・重点施策

    経営基本⽅針重点施策

    成⻑・競争優位の確⽴

    • 既存領域の拡⼤(インストアシェア拡⼤、ロジスティクス事業の強化)
    • 新規事業の収益化(情報卸事業、ECビジネスの取組推進)
    • 差別化・競争優位の確⽴(商品開発機能強化、カテゴリ戦略の実⾏、デジタルマーケティング戦略の実⾏、プラットフォームの構築)
    • 事業モデルの改⾰
      シームレス化(内⾷、中⾷、外⾷)に対応した、新たなビジネスモデルの構築⽣鮮事業の成⻑戦略の実⾏、宅配、給⾷、介護ビジネスの拡⼤

    収益構造改⾰

    • DXの推進(データ利活⽤による業務プロセス改善、データ基盤整備、データ活⽤⼈材の育成、DX認定取得)
    • 最適物流の構築(効率的な拠点整備、省⼈化・省⼒化マテハン推進、CVSロジ事業と卸物流の相互活⽤により全体最適化)
    • 経営効率化・コスト削減(収⽀管理強化、経費コントロールの徹底)
    • 収益基盤の強化(新物流システムの構築および物流関連設備投資)

    経営基盤改⾰

    • ⼈材・⾵⼟改⾰(最強の⼈員基盤づくり)
    • 経営管理の⾼度化(ガバナンス強化、現場主義の経営管理強化、リスク管理体制の整備、コンプライアンス意識とノウハウの向上)
    • SDGsの取組推進(フードロス対策、CO2削減、⾷の安全・安⼼対策、社会貢献)
    • 広報・IR活動の強化(企業価値向上に貢献する広報活動の推進)

    第8次中期経営計画資料はこちら