株式会社日本アクセス

 

MEAL RINGS

被災された地域の皆様を、私たちは
生活に身近な「食」を通じて支援してまいります。

“継続性”をキーワードにした、”食産業に特化した復興支援”を展開します。

当社は、2011年11月に東日本大震災の復興に向けた継続的な支援活動として”MEAL RINGS(ミールリングス) ~食の環を広げよう、ニッポン。~”と名付けたプロジェクトをスタートしました。
また、2016年4月に発生いたしました熊本地震の被災地である熊本県にも支援の環を広げ、当社のPB商品「miwabi」全商品に復興支援プロジェクトのロゴマークを掲載し、その売上の一部を被災地へ寄付する取り組みを進めています。
甚大な被害を受けた地域はまだまだ復旧、復興が進んでおらず、被災地地域が本当の意味で震災以前の姿を取り戻すには相当の長い道のりが想定されます。
MEAL RINGSプロジェクトでは、自然災害の多い我が国において、災害前、災害後の各問題点に起因する“ニッポンを抱える社会的な食の課題”について、整理し解決していくことが重要であるとうコンセプトのもと、4つのプログラム「食の震災復興」「食育」「地産外消」「農商工連携」を実施。長期支点での復興支援や日本の各地域の産業復興、雇用創出、地域経済の活性化につながると考え、”継続性”キーワードとする”食産業に特化した復興支援”を通じて、”被災地から全国へ、全国から被災地へ”食の環を広げる活動を創造します。

食料自給率の低下、1次産業の後継者不足、食品廃棄ロスの問題等、日本の食は多くの課題を抱えています。
日本アクセスでは、2011年の東日本大震災を契機に”MEAL RINGS(ミールリングス)”プロジェクトを立ち上げ、被災地域へ売上の一部を寄附したり、生産・復興イベントを企画するなど、継続的な支援活動を展開しています。
この環(wa)を全国に広げ、日本の食をまもり、つくり、つなぐ、心豊かな社会づくりを目指します。

被災された地域の皆様を、私たちは生活に身近な『食』を通じて支援してまいります。