株式会社日本アクセス

 

最新CSR NEWS

2019.10.31サステナビリティ

品川区の小学校で「食育授業」を実施

10月、品川区立大井第一小学校で6年生の児童を対象に「食育授業」を行いました。
今回のテーマは 『かんぶつはスゴイ!』。日本の伝統食材である乾物の歴史・製法・良いところを子供たちに知ってもらうこと、食の大切さと楽しさを伝えることを目的としました。

講師にイタリアンシェフの神保佳永氏を迎え、1時間目は座学、2時間目は乾物を使った調理実習を行いました。

乾物は種類が多く、「うまみ」成分がたっぷりで、栄養豊富、保存もできていろいろな料理に使えることなど、たくさんの「いいところ」を学習。実際に山の乾物と海の乾物のサンプルを見て、触って、比べて、においを嗅いで、水で戻してみるという五感を使いながら学びました。
2時間目の調理実習では、イタリアの乾物であるドライポルチーニとドライトマトを使ったパスタを作りました。

この活動は地域貢献や次世代育成、食文化の継承を目的として、当社が加入する「しながわCSR推進協議会」と連携し、昨年より取り組んでいます。

子供たちにとって豊かな経験となったようです。